「マチネの終わりに」特別対談 Short ver.(平野啓一郎・別所哲也)

「マチネの終わりに」特別対談 Short ver.(平野啓一郎・別所哲也)

青い蝶

この Bajune Tobeta氏のアルバム、どれもが映画のサウンドトラックかテーマ曲の様にも思える。
インスト曲及び、様々な個性的歌手をフューチャリングしたボーカル曲のどれもが素晴しい。
曲によっては音は奏でられていても“静けさ”を感じるものさえある。それが良い。
何気なく聴いた佐田真由美さんをフューチャリングした ♪セルロイドスター に好感が持てた。
本作には1980年の坂本龍一氏のソロ曲 ♪Thatness And Thereness のカヴァー・ヴァージョン
もあり、何と、高橋幸宏氏の歌唱で聴くことが出来る。Tobeta氏に感謝したい処でもある。

私とは何か 「個人」から「分人」へ (講談社現代新書)

平野氏が主張する、

 個人あるいは人格が
 [ある他者とのコミュニケーションにおいて]分割し発生した分人は、
 [その]他者[の分人]との関係においては分割不可能である

という発想は、例えば英語なら、

 様々なemotional qualities(感情的性質)やways of behavior(立ち居振る舞い)の統合体である人格
 personality(uncountableな概念であり複数形は無く、またindividualあるいはindivisibleである)と、

 他者(別のindividual)[の人格]との間(やり取り)には
 その数だけそれぞれ固有の関係性relationshipsが存在する/し得る、

という西洋での考え方と重なるのではないかと思います。

本書という平野氏のメッセージのうち最も重要なものの1つは、
氏が「分人」という新たな視点を採用したことで、例えば、

 他者が、自分の前でと自分以外の人の前で見せる‘顔’(感情表現)が違っていても
 問題は無く、たとえ自分は気分が悪かろうと他者を批判することは出来ない、
 “好き嫌いのレヴェルの話であれば、「Bは、自分の前では最悪の人間だけど、
 Aとは馬が合うんだな」とでも思っておくしかない“(103頁)

と、(社会の)「多様性」の許容度を押し広げた点にあるのでは、と思いました。

葬送 平野啓一郎が選ぶ”ショパンの真骨頂”

絶対に買いですね。
聞いていて、ふと、平野啓一郎さんが小説「葬送」を書かれていたころの風貌を思い出しました。
「葬送」は年々、重みを増してるような気がします。
芸術も消費されるためだけに作るられることも多い世の中で、作家がある決意を持って、自分の作品と真剣に向かい合い
そしてそれが、色あせないのは奇跡的なような気がします。
ただ、純粋にこの音楽に向かい合ってみたいと思わせる輝きが、このCDにはつまっています。

私とは何か――「個人」から「分人」へ (講談社現代新書)

分かりやすい!感心した。さすがだな。

『空白を満たしなさい』で久しぶりに触れた平野節に
続けて読みました。
『空白〜』の方はすこしもたつきながら、
後半に思索が深まるにつれて好みに合ってきたなぁ
と思いましたが、本書は、ずばり分人主義を
めぐる(簡単な)考察なので、関心を抱けば、
即味わえるでしょう。

僕としては積んである『ドーン』にいっちゃう勢いです、

個人的には。一人の人の中には、だれそれに対する分人がある、
それぞれに対するその人の好き嫌いがある。よくわかる。
僕には今幸いにして深刻な人間関係の悩みはないのですが、
過去の悩みに照らすと頷くところ多数でした。

ただ、平野さんも後書きに書いておられるとおり、
どうもこのテーマは小説の方が似合いそうです。
小説を読む人間が減っているので新書で、という
注文があったようですが、結局、分人主義と行っても、
生き方の考えの「一つ」であることには
変わりないでしょうから、そういうものは
小説の中で提示され、そして、その登場人物の
人生を仮に体験してみること、その体験を
ほのかに自分の人生に活かしてみること、という
のが、マニュアル的ではなく、これは変な
言い方かも知れませんが、逆に合理的かなと
感じました。
新書がわかりやすい(わかりやすすぎた)から
生じた感想かも知れません。


「マチネの終わりに」特別対談 Short ver.(平野啓一郎・別所哲也)


2015年5月1日、毎日新聞ホールで行われた対談です。全編は、毎日新聞社のサイトをご覧ください。

平野啓一郎 の最新情報!


平野啓一郎 最新動画

平野啓一郎 関連情報
  • 平野啓一郎の本は面白いですか?本屋の棚でも図書館の棚でも置いてある作品数が少...
  • ドストエフスキーの影響を受けた日本現代作家
  • カミヤさんの回答で、平野啓一郎の日蝕を読まなければならないものとして紹介され...
  • 外国在住の有名人の在留資格は?
  • 熊野古道への旅行について
  • 直木賞作家の作品より芥川賞作家の作品が読みにくいと感じるのは何故なんでしょう...
  • ↓平野啓一郎 の最新情報↓
    平野啓一郎 ニュース
    平野啓一郎 ウェブ
  • A Front Row Seat To The Takedown Of America
  • 人気動画

    蒼月ひかり
    蒼月ひかり
    上野茂都 - ありきたり慕情 2012.4.12 at 蒼月書房
    デメリット
    デメリット
    最適なグリップ(ラケット)とは?メリット・デメリットを紹介!【卓球知恵袋】
    区麗情
    区麗情
    区 麗情 / Those Were the Days
    ヘイ・ジュード
    ヘイ・ジュード
    ウクレレでヘイジュードを弾こう!"Hey Jude" ukulele lesson
    Everio
    Everio
    JVC Everio GZ-E200 Full HD camcorder test
    Dear ウーマン
    ケメコデラックス
    開業
    ☆人気サイトランキング☆
    
    [ニュース|着メロ|SNS]
    [動画|ゲーム|ヤフオク]
    [便利|辞書|交通]
    [ランキング|天気|メル友]
    [占い|住まい|ギャンブル]
    トップページに戻る